一般

食べ過ぎは危険!?トランス脂肪酸とは

投稿日:2015年6月17日 更新日:

マーガリンに含まれているトレンス脂肪酸「安全ではない」!?

トランス脂肪酸というものを知ってますか。

代表的なものでマーガリンや揚げ湯や焼き菓子、パンに使用されるショートニングなどに含まれています。

この食品に含まれるトランス脂肪酸の危険性が割と昔から指摘されています。

DEBU85_hanbaga15134630-thumb-autox1000-15839

トランス脂肪酸の危険性

水素添加からできた人口的なトランス脂肪酸ですが、難しい話は置いといてその危険性について。

トランス脂肪酸は現代病の関連が指摘されています。

主にガンや心臓疾患、喘息、アトピーなど病気の発症を引き起こす危険性があります。

多量に摂取すると蓄積され後々に認知症の発症の可能性の増加なんてことも言われています。

毎日食パンにマーガリンなんて人も多いと思いますが、結構危険です。

その危険性は今回のアメリカの規制を見ても明らかです。

アメリカは2018年よりトランス脂肪酸の食品添加を禁止

アメリカの米食品医療局、FDAと言われる組織は上記のような危険性からトランス脂肪酸の食品添加を2018年6月から禁止すると発表しました。

米食品医療局はトランス脂肪酸を「安全ではない」と言ってます。

FDAはこの規制により、毎年数千件の致命的とされる心臓発作を予防することが出来ると説明しています。

日本の対応は・・・・

日本のトランス脂肪酸への規制は基本的にない

日本はWHOの基準値より平均摂取量が少ないことから通常の食生活をしていれば健康の影響は少ないとしています。

健康の影響は少ない・・・という文言に注目してください・・・・ちょっと怪しい!?

しかも危険とされているのに、摂取量が少ないからいいという考えは結構無理やりでは・・・

バター、マーガリンどっちが体にいいの?

バターは動物性脂肪が原料です。

つまりカロリーやコレステロールが高くやはり多量の摂取は体によくありません。

しかし、自然界に存在する脂肪です。

マーガリンは自然界に存在しない脂肪です。

これを考えるとどっちがいいか・・・・・・

まとめ

どっちにしろ過剰摂取はよくありません。

現代人は食べ過ぎで病気になるとも言われているほどですから。

海外ではトランス脂肪酸の過剰摂取を穏やかな自殺と言っています。

低カロリーのみを気にしていては危険です。

加工食品が非常に多い今の世の中、十分注意しましょう!!

PR

-一般

Copyright© おっちーがお送りする、ニュースブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.