エンタメ 一般

ドラマのデスノートは原作とは大幅にキャラの設定変更?

投稿日:

7月にスタートのドラマ、デスノートその出演者発表に加えて・・

日本テレビで日曜の夜に連続ドラマとしてスタートする「デスノート」2006年に映画化されて話題になりましたね。

当ブログでも過去にドラマデスノートについて記事を書いてます。

>>過去記事の「映画で十分でしたか?デスノート連続ドラマ化が決定」を読んでみる<<

出演者について

主人公の夜神月(ヤガミライト)は窪田正孝さん

スクリーンショット 2015-05-25 13.01.06八神月

夜神月と対決するLは山崎賢人さんに、Lの後を引き継いだニアは優希美青さんに決定。

スクリーンショット 2015-05-25 13.01.23L

スクリーンショット 2015-05-25 13.01.14ニア

このLの後を継いだ後継者となるニアは映画では登場していません。

原作との変更点

原作や映画の「デスノート」ファンとしては、キャラ設定が変更となると・・・・・ちょっと不安ですよね。

変更点について

1、原作は天才大学生だった夜神月は→テレビでは普通の大学生

2、原作ではやたら甘い物を食べまくる奇行をする天才L→テレビでは奇行を目立たなくして天才っぷりをさらに発揮

この二つが原作とは大きくことなるキャラ設定ですね。

しかし、これは微妙ですね。

天才大学生だったからこそのデスノートのあの使い方ができたのに、平凡な学生だったらどうなの?

かなり変わり者の Lですが、変わり者であるからこそLであると思います。

このキモともなるキャラ設定を変更して、大ヒットとなった映画を超える、もしくはひってきするようなテレビドラマはできるのでしょうか。

もはやこれはデスノートと言えるのか?

上記のように重要なキャラ設定を変更してしまったテレビドラマ「デスノート」。

原作ファンの批判もありそうな、思い切った変更は吉とですか凶とでるか?

逆にこの設定を変えるのであれば、別のデスノートとして作ってもよかったのでは?

まとめ

かなり重要な疑問が湧いてきます。

主人公が天才大学生だったからこそ、天才Lと対等に戦ってこれたというのは当然原作を知っている人なら思うでしょう。

しかし今回は主人公が平凡な普通の大学生で、相手は天才Lです。

これ・・・・主人公が勝てるはずないのでは?と思ってしまいます。

途中で天才的な才能を発揮し出すとか・・・

いろいろと疑問点があるテレビドラマ「デスノート」どうなるのでしょうか?!

PR

-エンタメ, 一般

Copyright© おっちーがお送りする、ニュースブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.