雑学

シャツのボタンはなぜ男女で左右逆なのか??

投稿日:

男性と女性のシャツのボタンの位置はなぜ違うのか

スクリーンショット 2015-05-24 16.52.20

これは常識ですが、なぜにと思ったことありませんか?

別に統一でいいじゃないか!!と思いません?

しかしこのシャツのボタンの位置は世界共通らしいです。

その謎は諸説いろいろあるようですが、現在有力な物を紹介します。

理由は人に服を着せてもらうか、自分で着るかによります。

自分から見てボタンはどちら側でしょう?

男性・・・自分から見て右側

女性・・・他人から見て右側

世界で利き手は右手が圧倒的に多いです。

自分から見て右側にボタンがあった方が、自分で服を着やすい(ボタンをとめやすい)

相手から見て右側にボタンがあった方が、服を着せやすい(ボタンをとめやすい)

つまり男性は自分で服を着て、女性は服を着せてもらっていた?

いつの時代でしょう・・・・

ボタンのついた服ができたのは13世紀

そのくらいの時代にボタン付きの服ができたと言われています。

その時代にボタンのついた服は高級品だったようで、そのような服を着ることができるのは、この時代で言う貴族です。

貴族では男性は当然自分で服を着ますが、女性は服を使用人に着せてもらっていたようです。

うん・・・・なんとなくわかりますよね。

つまり使用人からみてボタンが右についてた方が、ボタンをとめやすいですね。

当然庶民はボタン付きの服など買えませんから、女性は自分でボタンをとめることなどしなかったのです。

しかし、現在は服は女性も男性も基本自分できます。

となるとこの文化では女性は自分でボタンをとめにくいということになりますが、女性の皆さんどうでしょう?

私は左利きの男性ですが、特にボタンをとめることに違和感を感じたことはありません。

つまりなれてれば、どちらでもよいのでは?

男女のシャツのボタンの位置が決まっていなかった時代もある!?

18世紀から19世紀にかけてファッション雑誌などで現在のボタンの位置で掲載されて、それが定着した・・ということのようです。

それより前、一般庶民にボタン付きの服が広まってからは、男女のボタンの位置に特に決まりはなかったようです。

雑誌の影響力ってやっぱりすごいですね。

まとめ

シャツのボタンの位置はどちらでもよいと個人的に思いますが、こんなに広がってしまっては変えようがないですね。

意外に普段何気なく着てるシャツも調べてみると、新しい発見があったりして、おもしろいですね。

こういう雑学てきなことも結構いいなと思ったので、また雑学的なことも記事にしていってみようかなと思ってます。

PR

-雑学

Copyright© おっちーがお送りする、ニュースブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.