科学

水中の長いホース?チューブ?のような透明な生物の正体は・・

投稿日:

珍しく奇妙な透明な生物それは「ナガヒカリボヤ」

変わった生き物を知りました。

ホヤの仲間「ナガヒカリボヤ」です。

スクリーンショット 2015-05-21 9.36.50

ホヤに属する生き物自体が結構奇妙なんですが、このナガヒカリボヤはでかい・・数メートルはあるでしょうか。

実はこのホヤ属は日本で食用になっているんです!!

もちろんこのナガヒカリボヤは食用ではないと思いますが、主にマボヤやアカボヤと言われる種類が、東北地方と北海道で食されることがあり、最近では東京でも食べるとか・・・その他の地域はほとんど食べないと思われます。

スクリーンショット 2015-05-21 9.56.34

↑↑マボヤに

スクリーンショット 2015-05-21 9.59.04

↑↑アカボヤ

食べる場合は主に中身?を刺身だったり、焼き物とかにして食べるようです。

私は食べたことないですが、独特の匂いがあるらしいです。

まぁ・・・・美味しいかどうかわかりませんが、あまり個人的には食べたくない・・・です。

本題ナガヒカリボヤのプロフィール

この長いホースというかチューブというか・・・そんな生き物ですが群体性で海を漂って生きてます。

群体性です・・・数ミリの個体が数千?数万?と集まりひとつの生き物のようになっています。

そして、その名の通り発光します。かなり光るらしいです。

なぜ光るかというと共生バクテリアのようです。

また海の中を漂っているだけですので、魚などに食べられ放題です。

むぅ・・・・まさに謎の生物です・・・いろんな意味で・・・!

まとめ

海の生物はなかなかユニークな生き物が多いですよね。

海、深海などはまだまだ未開の地。

未確認の巨大生物や変な生き物はまだまだたくさんおられると思います。

宇宙ではエウロパやタイタンに生物がいるかも、なんて言われてますよね。

これからが楽しみです。

最後に、海にはユニークな生き物がいますが、見つけても無闇に触らないほうがいいですよ。

強い毒のある生物も結構いるので、注意が必要ですね。

PR

-科学

Copyright© おっちーがお送りする、ニュースブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.