政治

庶民のささやかな楽しみ奪う!チューハイの増税を検討

投稿日:

政府は来年の税制改正で酎ハイの増税を検討

やはりきました、増税です。

消費税の増税も控えているのに・・・・さらに増税です。

YUUSEI_guttari15200922-thumb-1000xauto-12426

 

酒税の税額を同額に?

ビール系の税額を同額にすることも検討されているようです。

ビール系、つまりビール、発泡酒、第3のビールといった酒税を同額に・・・・

そうなると、発泡酒や第3のビールは売れなくなるのでは?

そして、基本的に高くなるのでは?

と考えますがどうなるんでしょう。

酒税を同額にして税収も同額位となると約55円位の税額になるようですが・・・私個人的な意見としては高い!

ちなみにビール系酒税を55円にすると

・ビール減税(現在の酒税は77円)

・発泡酒増税(現在の酒税は約47円)

・第3のビール増税(現在の酒税は28円)

となります。

第3のビールが大増税!!になりますね。

これには当然チューハイは含まれませんが、やはり増税され今より高くはなるでしょう・・・

チューハイの現在の酒税は28円ですので、チューハイの税額が特に安くなれば問題となると政府はしてますが。

これは都合のいい解釈な気がします。

・ビールの税金が高いとするか

・チューハイの税金が安いとするか

考え方によって違いますよね。

政治家は世界の国々に比べて日本の消費税は安いといいますが、違う見方をすると他の税金が高いとも言えます。

代表的なものは自動車税やガソリン税・・・

これを見ずに日本の消費税が安いというのはおかしな話だと思います。

少し脱線しましたが、チューハイの増税はさけられないのでは・・と思います。

また、ビールの税金も変わりそうで、本当に一般家庭は年々楽しみを奪われ辛い状況になりますね。

まとめ

消費税、酒税、残業代0法案などなど・・・一般サラリーマン家庭には生きる事がきつくなる一方ですね。

やはり政治家が一般家庭の事情を理解するのは無理なのでしょうか。

 

PR

-政治

Copyright© おっちーがお送りする、ニュースブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.