一般

せどりとは?言葉の由来から手法まで解説!!

投稿日:

ネット副業で話題のせどりとは?

副業に興味のある人ならば聞いたことあると思われる「せどり」という言葉。

要は転売でしょって言われますが・・・・・

 

その通りです。

では「ネット転売」とかじゃなくなぜ「せどり」と呼ばれているのでしょうか。

「せどり」という言葉

儲かる!とか儲からない!とかよくも悪くもいろんな情報が飛び交う「せどり」

そもそのこの言葉は漢字では「競取り」と書くようです。

漢字を見れば大体察しはつくと思いますが、これは業者間の競りからきています。

古本屋から欲しい本を競り落とし購入するばあい、必要のない他の本も購入するシステムになっていたようです。

つまり欲しい本を「競り」落として、その中から売れそうなものを「抜き取る行為」から「せどり」と呼ばれるようです。

副業に最適?実は肉体労働の「せどり」

GREEN_U20140125500-thumb-1000xauto-4115

最近のネットを使ったせどりの手法は単純明解です。

ブックオフなどの古本屋などから本やCD、家電など売れそうなものを購入し、それをAMAZONやヤフオクで購入金額より高く売って、差額を利益とするものです。

家電屋のバーゲンで大量買いして、ネットで売るなんて人もいます。

もちろん仕入れがあるので赤字のリスクもあります。

ツールを使用すればツール代と出品手数料や送料などなど経費もかかってきますので、やるならそうとう頑張らないと利益どころか赤字です。

せどりの情報商材なんてのもあります。数千円のものから数万円のものまで・・・

(せどりの情報商材で個人的におすすめがないのであえて紹介はしません。)

また、これだけ話題になってるということは、せどりをやる人が激増し、それによって仕入れ競争・価格競争がおこり・・・・・難しい状況になってるようです。

やはり他の人があまりやってない時に参入した人が強いし、稼いでいるようです

あと、せどりの仕入れは実店舗にいって商品を購入するといったように思った以上に体力を使う肉体労働のようです。

アフィリエイトなどの副業とは随分違います。

まとめ

せどりをやっている人を転売屋、転売ヤーなどと言ったりもしますね。

一部の人は結構儲かっているようで、またそこそこ儲かってる人もいますが、ほとんどが利益ほぼなしか赤字のようです。

せどりは単純ではありますが、利益を出すのは単純ではないようです。

PR

-一般

Copyright© おっちーがお送りする、ニュースブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.