政治

ふるさと納税 返礼合戦に終止符か

投稿日:2015年3月11日 更新日:

ふるさと納税高額返礼に苦言

高市早苗総務相
ふるさと納税について節度ある対応を求めました。

もはや寄付ではないのでは・・・

ふるさと納税というのもが、あるのはご存知でしょう。
私はふるさと納税したことはありません。

最近、高市早苗総務相が高額な返礼品もあり、節度ある対応が必要と言いました。

ふるさと納税をすることにより特産品や金券?がもらえたりするわけです。

特産品などの返礼をしない自治体もあります。

例えば名古屋
10万円以上の納税で感謝状はもらえますが、特産品などはもらえません。
名古屋市は特産品を送るのは本来の趣旨からいって望ましくないと言ってます。

それに反して宮崎三股では300万円以上の寄付で牛一頭分を送るといった企画
(どうやって受け取るんでしょうか?)や
1000万円以上の寄付で750万円の宅地をプレゼント
(これは行政指導がありなくなりました)などなど
しまいには、納税額以上の返礼品などもあったようです。

もはや寄付ではない・・・・

高額返礼がなくなる・・・
どうなるふるさと納税

平成27年4月1日から高額な返礼品がなくなる可能性があります。

総務省が各自治体にした通達事項の内容に
ふるさと納税の主旨に反するような返礼品(特産品)を送付する行為について、
自粛していただきたいこと。
という内容が含まれています。
趣旨に反する返礼品とは主に、換金性の高いプリペイドカード等
高額又は寄付額に対し返礼割合の高い返礼品のことを指しています。

つまり上記のようなものは自粛の可能性というか、
なくなる可能性が高いです。
例えば、高額な特産品はなくなる可能性大ですし、
Tポイントプレゼントやクオカード、イオン商品券などの返礼品はなくなるでしょう。
おそらく。

ふるさと納税額が減る可能性も

実は高額返礼品はWIN WINだったのでは

しかし、この返礼品目的でふるさと納税をしている人も多いかと思いますので、
かなりふるさと納税が減る自治体も多くなるのではないでしょうか。
個人個人の方にはいろんな意見もあると思います。
特産品のプロモーションの一環という捉え方もあるかと思います。
金券やポイントなどは違うと思いますが。
その地域のアピールということもあるでしょう。
よくよく考えると難しい問題であるように思えます。

お得な返礼品のタイムリミットは3月末?

お得な返礼品を貰うには

もう一度いいますと、
平成27年4月1日から高額な返礼品がなくなる可能性が高いです。
とはいえ高額返礼がもらえるのであれば貰いたいという人であれば、
3月末までにふるさと納税を申し込んだ方がよさそうです。

PR

-政治

Copyright© おっちーがお送りする、ニュースブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.