一般

本来のバレンタインデー

投稿日:2015年3月7日 更新日:

2月14日はバレンタイン神父が処刑された日

チョコの日ではありません!!

お菓子業界の陰謀か!?

日本の人たちはバレンタインデーと聞いて何を思いうかべるでしょう。
女性から男性にチョコをあげる日?
今や自分チョコ、友チョコなどどちらかというとチョコレートを食べる日と
なってしまってる気がします。

諸説いろいろありますが・・・・

本来のバレンタインデーとは
その元の話は古く、3世紀のローマでのことです。
当時のローマ王クラウディウスは兵士の結婚を禁止にしたそうです。
なぜ禁止にしたのか。
家族、愛する人がいると命をかけて戦わない、
愛する人の元に生きて戻ろうとする、兵士の士気に影響を及ぼすからとの理由でした。

しかしキリスト教のバレンタイン神父はその決まりに反発し、
秘密裏に結婚式を行いました。
やがてそれが発覚してしまい、2月14日に処刑されてしまいました。

このため、やがてこの日は恋人たちの日になったということです。

本当にざっくり簡単にバレンタインデーをいうとこういうことらしいです。

日本だけではありません!
チョコを渡すバレンタインデーの習慣

各国のバレンタインデーとその関連の習慣

バレンタインデーに女性から男性にチョコを渡す習慣は日本だけと思ってましたが、
そうではないようです。
実は韓国も日本と同じ習慣のようです。
そしてホワイトデーもあるようですが、
日本と違うのはさらにブラックデーというのがあります。
これは恋人がいなく誰からもチョコを貰えなかった人が黒い麺料理を食べる日です。
ちなみにブラックデーは4月14日。
なかなかユニークな習慣と思いますが、
寂しい人たちのイベントの日ということでちょっと悲しくもありますね。

後付けしたホワイトデー

3月14日のホワイトデーというのは日本発祥のバレンタインのお返しをする日。
昔はマシュマロデーとかクッキーデーとかそういう名前で呼ばれていたこともあるそうです。
私にとってマシュマロデーという言葉が結構思い出に残ってます。
マシュマロといってもチョコマシュマロを送りましょうというイベントです。
女性からもらったチョコに真っ白な思いを包んでお返しするというものです。
なんかロマンチックですよね。

海外の祭りやイベントをごちゃ混ぜしてる、日本

イベントを行うことが先行しすぎて意味を置き去りにしていませんか?

日本では海外のいろんなイベントを祝うことがよくあるように思えるのですが、お祝いをするだけで、そのイベントの持つ意味というものを忘れがちな気がします。
海外のイベントを行うというのは、悪くはないと思いますが、
その日をお祝いする本当の意味を少し考えてみるとまた違った思いで
その日を過ごすことができると思います。

PR

-一般

Copyright© おっちーがお送りする、ニュースブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.