IT関連

スマホの次はガラホとは何?普及するのか?

投稿日:2015年3月7日 更新日:

見た目はガラケー、中身はスマホ
その名はガラホ

携帯業界に新しい風?

PAK85_garakebb20141025171133500

ガラホとは

ガラホという言葉が最近出てきましたね。
知ってます?

ガラホとは見た目はガラケー、中身はスマホというハイブリッドな携帯です。
auが2015年春モデルにガラホを出すということです。

ちなみに私はガラケーと格安スマホ2台持ちです。
なぜかというとスマホで電話は話しにくいのと
スマホはバッテリーがすぐなくなるので
そういった状況になった場合は困るのでガラケーを電話用で所有してます。
ただ、2個持ち歩くのは最近面倒になってきてます。

ちょっと話が脱線しましたが戻します。

新スタンダードとなるか?SHARP AQUOS K

どうなのガラホ

このガラホはシャープのAQUOS Kというモデルで
見た目は折りたたみのガラケーそのもので
中身はAndroid4.4を採用しているようです。
ディスプレイはタッチパネルではありません。
Android携帯でタッチパネルではないとは結構違和感を感じますね。
しかしタッチパネルでなければAndroid携帯など操作できるのか?
という疑問が湧いてきます。

そこで、テンキー部分にスマホ画面のような静電センサーがあり
パソコンのタッチパッドのように操作できるとのことです。
テンキーをタッチして操作・・・これはどうなのか
実際に触らないとなんとも言えない感じですね。
慣れれば普通の使えそうです。
ちなみにこの技術をタッチクルーザーEXというようです。

見た目がガラケーというメリットは?デメリットは?

後気になるのは画面の大きさです。
見た目が折りたたみ携帯ならば画面が通常のスマホより
かなり小さくなりそうですね。
この辺もどうなのかなといったところです。

しかも困ったことにかなりスマホ機能に制約があるようです。
playストアが現状使えないようです。
代わりにPASSNOWというアプリが使えるようで、
タブレットと連携して使うとか。
まぁ、使ってみないことにはわからないですね、多分!
後、
LINEは・・当然ダウンロード可能です。
wifiもテザリングも使えます。

これからの携帯電話のあり方に注目です。

このようにタッチパネルでないAndroid携帯が果たして成功するのか、
このガラホという新しい携帯の形、
これから注意深く見守っていこうと思います。

PR

-IT関連

Copyright© おっちーがお送りする、ニュースブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.