一般

カロリーゼロでも逆効果?!人工甘味料の危険性

投稿日:

最近やたら増えてきたカロリーゼロ食品

特にジュースでカロリーゼロなんて文字をよく見ます。

これは一見ダイエットに効果がありそうだとか、健康に良さそうだとか思うかもしれませんが・・・

カロリーゼロなのに十分甘いですよね。

その秘密が人工甘味料です。

健康のためにカロリーを抑える

そう考えて健康のためにカロリーゼロを選んでいたのに、それが逆に不健康になる原因となる可能性もあります。

カロリーゼロに必ずといってもいい位含んでいる人工甘味料、主に

・スクラロース

・アスパルテーム

などがあります。

このような人工甘味料には

・血糖値を上昇させる

・赤血球の減少

・肝臓細胞異常

・白内障の可能性が高まる

などなどの危険性が指摘されています。

スクラロースなどは砂糖の600倍の甘みがあると言われています。
完全に普通ではないですよね。

上記にある血糖値を上昇させる、つまりインシュリンが分泌され血糖値が急上昇して肥満になる・・・ということです。

つまりカロリーゼロなのにダイエットにはまったくなっていないとなります。

そのほか依存性が指摘されています。

人工甘味料の強烈な甘みのせいで、通常の甘さでは満足できなくなります。

また、カフェイン、それ以上の依存性があります。

上記でふれたように、通常の甘さでは満足できなくなり甘味料の使用する量が増えてきます。
甘さに慣れてしまうんですね。

まとめ

このように実はカロリーゼロなんて言葉に騙されてはいけないということですね。

これならば、まだ少量の砂糖を使っていった方がマシなのでは・・・と思ってしまいます。

しかしながら最近はそうとう人工甘味料が使われている食品が多いようです。

砂糖より人工甘味料の方が安いとうことも原因の一つのようです。

なので、やはり完全に断つというのは難しいので
少しでも取らないように気をつける。

特にジュースによく含まれているので注意が必要ですね。

関連書籍紹介

PR

-一般

Copyright© おっちーがお送りする、ニュースブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.