政治

メリットありなら教えて欲しい!?残業代ゼロ法案とうとう閣議決定

投稿日:2015年4月4日 更新日:

2015年4月3日残業代ゼロ法案閣議決定

とうとう残業代ゼロへの布石が打たれました。

労働時間の制限をなくして仕事の成果に対して給料を決定すること、これを正しくは高度プロフェッショナル制度といいます。

年収1075万円以上が対象で専門的な業務に限定

成立すれば来年2016年4月に施行します。

MAX85_gominonakasagyou20141123131607500

残業代ゼロ法案数々の疑問

公務員は対象外?

らしいです。

国家公務員には残業予算というものがあります。

当然残業代は・・・でるでしょう。

対象者は拡大される?

当然その可能性大です。

年々年収制限が下がってくるでしょう。

経団連の提言では全集400万以上が対象とすべき・・・としてます。

この法案が通ればすべての労働者が対象となる日も来るのではないでしょうか。

成果報酬?

何を持って成果なのかが明確でないですよね。

例えばこの仕事が今日の仕事でそれが終わったら帰ってよし!とはならないですよね。

どんどん次の仕事がやってきます。

逆に効率が下がるのでは・・・?

過労死が増えるのでは?

おそらく過労死はなくなります!!

この法案ではどれだけ働かせても過労死認定されにくく(されなく)なるということで、過労死はほぼ撲滅されます。

結局この法案は避けて通れない

諦めますか?

方法はあると思います。

年収制限が自分の年収に下がってくる前に独立するということです。

そんなの無理ですよ!なんて言ってたらとんでもないことになります。

残業代ゼロなら自営業を立ち上げるしかない!

それくらいの覚悟と防衛が必要な時代がすぐそこまでやってきてます。

まとめ

あまりこの残業代ゼロ法案は注目されてないように思えます。

こんなに危険な法案なのに・・

しかもそれでも自民党を支持、ならばこの法案が通るのも仕方ないかもしれないです。

結局は自己防衛しかありません。

しかし、自由はまだまだあります。

会社に依存して生きるか、リスクをとって独立するか選べます。

さて、どう生きますか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事が気に入っていただけだら下記のBlogランキングをクリックしていただけたら嬉しいです。

人気ブログランキングへ

PR

-政治

Copyright© おっちーがお送りする、ニュースブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.