一般

格安賃貸のきも?心理的瑕疵物件のメリット、デメリット

投稿日:

家賃よりハイグレードな物件、心理的瑕疵物件

今まで、4回引越しをして来年には5回目の引越しをしようと企んでます。
安くていい物件を探しているとあるキーワードが見つかります。
「心理的瑕疵」です。
「しんりてきかし」と読みます。
これはいったいなんでしょう?

心理的瑕疵物件とは

ずばり事故物件、訳あり物件です。
告知事項ありと書かれている場合もこの瑕疵物件となる場合が多いようです。
主に、
・反社会的集団の事務所が近くにある
・その部屋で亡くなった人がいる
などです。
心理的にちょっと・・・・・と思う物件です。
ちなみに私はこういう物件は避けてきたので、実際のすみごごちはわかりません。
私が物件を探すとき、心理的瑕疵についてどのような事柄か?と質問したところ全ての回答がその部屋で亡くなった人がいるということでした。
病死、火事、自殺等でした。
(多分5物件位質問したと思います)

心理的瑕疵物件メリット

まず、格安である場合が多いです。
そしてリフォームされて部屋が綺麗になっている場合があります。
ある不動産屋さんでは、
「一人暮らしの方が部屋で病死、キッチンや壁紙等新品に交換済みでご供養もしましたので
気にしなければお得な物件です」と。
ここまでしっかり教えてくれれば、いい不動産さんでしょう

・・・・が!

お断りしました。
さすがに怖すぎです。
確かに気にしなければお得です。
精神的にストロングな人はいけるかもしれません。
だって、格安でリフォーム済みで綺麗ですから・・・・

心理的瑕疵物件デメリット

もはや言うまでもない気がしますが・・・
幽霊が出るかもしれません。
また、反社会的集団の事務所などがある場合はリアルに危険です。
近隣の人に何か言われるかもしれないです。
臭い等が消えない場合があります。
気にしないから大丈夫と自信を持っていても大丈夫じゃない場合があります。
友達が部屋に来たがらなくなる場合があります。

最後に賃貸の選び方について

引越しは敷金礼金や引越業者への依頼などお金が思った以上にかかるものです。
そう簡単に、引っ越してしまった賃貸からまたすぐ引っ越すのは大変なものです。
つまり賃貸料金を重視しすぎると逆に高くつく可能性があります。
私個人的には瑕疵物件はおすすめしません。
そしてよくよく検討することをおすすめします。

参考書籍紹介

PR

-一般

Copyright© おっちーがお送りする、ニュースブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.